クリエイターとして働く先輩、休日の過ごし方を教えてください!

holiday_top-min

みなさんは、休日をどのように過ごしていますか?
友人とのお出かけやアルバイトなど、思い思いの過ごし方があると思います。社会人となり自由に使える時間が少なくなると、休日の過ごし方は変わるのでしょうか。今回は、普段デザイナーなどクリエイティブ系のお仕事をしている方々に、休日の過ごし方を聞いてみました!
編集・執筆 /YOSHIKO INOUE, AYUPY GOTO

●写真付きで解説! クリエイター6人の休日の過ごし方

街でも家でも、カメラがあれば充実した休日に

12182524_1019370661460381_4747633856805074820_o

平野 太一
ひらの たいち

株式会社BAKEで、「cake.tokyo」(http://cake.tokyo/)というお菓子のWebメディアで編集者をしています。

Q1.休日は月にどのくらいありますか。
A. 土日休みなので8日間です。祝日は仕事があります。

Q2.休日の過ごし方を教えてください。
A.過ごし方① : 写真を撮りに、カメラを持って東京近郊を歩いています。
 
IMG_4720
IMG_5863-min
IMG_5996-min
▲平野さんが撮影した写真
 
過ごし方② : シェアハウスのリビングでコーヒーを淹れ、撮った写真のレタッチなどをしながらゆっくり過ごしてます。少し仕事をすることもあります。

Q3.次の休日を使ってしてみたい!と思っていることはありますか。
A.日帰りできる距離で、遠出をしたいです。稲村ヶ崎なんて行ってみたいですね。
 

仕事から切り替え、個人のクリエイティブ活動に取り組む

664385_376319269113964_54131041_o

和波 里翠
わなみ さとみ

玉川大学芸術学部情報デザイン専攻卒業。
某企業で新規事業のUI・グラフィックデザイナーとして勤務中です。

Q1.休日は月にどのくらいありますか。
A. 土日休みなので、月8日くらいです。

Q2.休日の過ごし方を教えてください。
A.過ごし方① : 通常の土日は、イベントのグラフィックレコーディングやワークショップを開催など、個人のクリエイティブ活動を行っています。デザインのイベントにもよく参加し、普段の仕事で関われない人達と過ごすようにしてます。
 
13187600_1041288775950340_12940689_n
▲グラフィックレコーディングの様子

過ごし方② : 長期休暇は、旅行をしたり、制作の時間にあてています。旅行は、美術館や建築巡りをしに、国内からヨーロッパまでいろんなところを訪れるようにしてます。本物の作品を、自分の目で観ることが目的です。
制作活動の時間にあてるときは、ひたすらこもって物づくりをしています。
 
13211188_1041288839283667_422832117_o

Q3.次の休日にやってみたいと思っていることはありますか。
A.次の休日は、デザインフェスタの売り子をする予定です!他にも、溜まってる本を読む、制作中のWebデザインを進める、ランニング、ピアノやドラムの練習……など、時間ができたらしたいことは沢山あります(笑)。
 

友人とのお出かけをめいっぱい楽しむ!

10626819_709855572436002_6784802369952306492_n

岡本 梨沙
おかもと りさ

京都市立芸術大学 構想設計メディアゼミ卒業。
現在、3Dデジタル領域でアーティスト協力からデザイン・製品・プロセスの開発研究をする会社で広報を担当しています。

Q1.休日は月にどのくらいありますか。
A. イベント運営が入ることもありますが、基本的に土・日・祝日がお休みです。
 
13170064_1034324196655803_741928326_o
▲休日に取材を行うことも。名和晃平さんのスタジオ訪問

Q2.休日の過ごし方を教えてください。
A. 友人と過ごすことが多く、先日は浅草〜蔵前をゆっくり観光しました。
 
13210945_1034324749989081_1289742384_o (1)
▲蔵前に新しくできたチョコレートショップ・Dandelionへ

Q3.次の休日にやってみたいと思っていることはありますか。
A.料理上手な友人が多いので、集まってエスニック料理を教えてもらう会を計画中です。
 

自然に触れてリフレッシュ!新しい技術研究も

S__6266883

川口 一毅
かわぐち かずき

慶應義塾大学経済学部卒業。
2014年よりサイバーエージェントでエンジニアとして働いてます!

 
Q1.休日は月にどのくらいありますか。
A. 8日くらいです。

Q2.休日の過ごし方を教えてください。
A. 登山やキャンプ、ドライブに出かけて自然に触れたり、体を動かすようにしています。
仕事であまり触れない新しい技術を、休日を使って勉強・試用することもあります。
 
こぼ2-min
kobo-min
▲キャンプ・登山で見える景色

Q3.次の休日にやってみたいと思っていることはありますか。
A.登山に行きたいです。
 

アクティブとリラックスのバランスを重視!

yukipro-min

渡辺 由季
わたなべ ゆき

武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業。
2015年入社の、渋谷ではたらくUIデザイナーです。

 
Q1.休日は月にどのくらいありますか。
A. 土日休みなので、8日間です。

Q2.休日の過ごし方を教えてください。
A.過ごし方① : 週休2日制なので、1日は外で、もう1日は家で過ごすことが多いです。
外で過ごすときは、学生時代の友人と遊んだり、食の趣味が合う同期のデザイナーとご飯会を開いたりしています。ひとりで映画や買い物に行くこともあります。家で過ごすときは、翌週の休日をどうやって過ごすか考えています(笑)。
 
yuki_2-min
yuki_1-min
▲ワークショップに参加することも

過ごし方② :
デザイン以外の勉強や運動も行うよう意識していて、現在は隔週で代々木公園でウォーキングをしたり、コピーライターの講座を受講したりしています。

Q3.次の休日を使ってやってみたいと思っていることはありますか。
A.温泉巡りに行きたいです。先日は、稲村ヶ崎温泉に日帰りで行きました!
家で過ごすなら、見たかった海外ドラマや読みたかったマンガにトライしたいです。マンガを扱う仕事をしているので、気になるマンガやプランナーの方におすすめされているマンガが沢山あるんです。
 

忙しいときも、ライフワークが創作活動の刺激に

11218798_911402945591761_5897370167383512420_n

重光 あさみ
しげみつ あさみ

京都精華大学デザイン学部イラストレーションコース卒業。
関西を中心に映像制作・イラストのお仕事をしています。

 
Q1.休日は月にどのくらいありますか。
A. 月によってまちまちです。数日取れる時もあれば、週に休みがほとんどない時もあります。締め切りが続くとお休みが取りづらいので、落ち着いた時にまとめて休むことが多いです。

Q2.休日の過ごし方を教えてください。
A.過ごし方① : 映画に行ったり、出かけたり、人に会ったり……良いものを見ると創作意欲がグッと湧くので、新しい刺激を求め、出かけるようにしています。そこで流行のリサーチや、好きなもの探しをします。
 
13225102_1035203203211734_791008588_o
▲重光さんのイラスト作品。休日の過ごし方が、創作意欲につながるそう。

過ごし方② : 巨大なショートケーキを鴨川デルタに置いて、誰でも参加できるピクニックを毎月22日に開催しています。
 
13187723_1035576723174382_1698231446_n
参加自由のピクニックなので、その場の出会いから新たなコミュニケーションが生まれるなど、何が起こるかわからない楽しみがあります。鴨川デルタという仕切りのないフラットな場所でピクニックを行うことも本当に気持ちが良いので、どんなにお仕事が忙しくても毎月欠かしません!

Q3.次の休日を使ってしてみたい!と思っていることはありますか。
A.イラスト本を一冊作りたいと思ってます!それから、沖縄で一ヶ月過ごしたいです(笑)。
 

● 学生時代と過ごし方は変わる?
クリエイターが語る・仕事と休日のカンケイ

ここまでみなさんに休日の過ごし方を教えていただきました。ここからは、仕事と休日の関係についてお聞きします!
まずは、みなさんは、学生時代に比べて休日の時間の使い方が変わったと思いますか?
664385_376319269113964_54131041_o
和波さん:思います。学生時代はダラダラ過ごす日も多かったのですが、社会人になってからは、アクティブに過ごすようになりました。せっかく自由に使える時間なら楽しく過ごしたい!と考えるようになったんです。
yukipro-min
渡辺さん:私もです!学生時代に比べ、アクティブになりました。やっぱり「時間を有効に使おう!」という意識は強まりますね。
またお金も遣えるようになり、「疲れを癒すなら家でダラダラ過ごすよりも日帰りで温泉に行こう」と考えるようになりました。
664385_376319269113964_54131041_o
和波さん:勉強会や面白そうなイベントに参加したり、楽しそうな刺激に向かってどんどん行動しています。
出かけなくても、読書をしたり新しいアプリを試したり、好きなものを作ってみたり……常に何か新たな発見を求めるようになりました。
10626819_709855572436002_6784802369952306492_n
岡本さん:生活にメリハリが生まれますよね。
私は基本的にひきこもり体質なのですが、インドアもアウトドアも意識的に行うようになりました。出たい時期はたくさん出て、こもりたい時期は集中的に自宅にこもってます。
学生時代に比べ自由な時間が減った分、時間を無駄にしたくないという気持ちが強ったのですね!
平野さんはいかがですか?
12182524_1019370661460381_4747633856805074820_o
平野さん:何時に寝ても7時頃に目が覚める身体になりました。平日決まった時間に出社するため、身体にリズムがつきましたね。
S__6266883
川口さん:僕も、家で寝て過ごす休日が無くなりました!
平日に溜まった家事をこなすためにも、休日も朝から動いてます。
11218798_911402945591761_5897370167383512420_n
重光さん:社会人になると、新しい刺激に触れることはもちろんですが、自分のアイデアを形にする時間も休日に確保しなければなりません。さらにそれを発信するところまで意識して、時間を使っています。
みなさん、ライフスタイルに合わせて休日時間の使い方を工夫されているようです。
では、休日の過ごし方は、平日の仕事に影響していると思いますか?
12182524_1019370661460381_4747633856805074820_o
平野さん:はい。
友人から「空き時間に何を選択するかが今後の自分をつくる」という話を聞いたことがあるのですが、休日の過ごし方次第で、月曜以降の過ごし方は変わると思います。
なので、休日は仕事のことから頭を離し、自分が「面白い!」と思うことに貪欲でいるようにしてます。それがいつか仕事で実を結ぶかもしれませんよね。
664385_376319269113964_54131041_o
和波さん:私も影響していると思います。
実際に、休日に学んだ知識が開発の仕事に活かせたり、社外でやっているグラフィックレコーディング活動を社内のイベントで活用させてもらえるようになったりしました。
S__6266883
川口さん:僕も、休日に見つけた新技術を業務で使用することがあるので、休日の過ごし方は少なからず仕事に影響していると思います。
また、普段1日中デスクワークなので、休日は外の空気に触れて体動かすと、かなりリフレッシュ出来ます。夜もよく眠れ、週明け気持ちよく仕事に向かえますね。
なるほど。休日を使って心も体も切り替えているのですね。
岡本さんはいかがでしょうか。
10626819_709855572436002_6784802369952306492_n
岡本さん:私は、休日にお仕事関係のリサーチや取材に行くことがあるのですが、好奇心が掻き立てられ、良い意味で公私混同できてありがたいです。
また、学生時代の友人と会うと、活躍している姿に背筋が伸びます!
11218798_911402945591761_5897370167383512420_n
重光さん:休みに刺激のある良いものに出会うと、制作がとにかく楽しくなりますよね。
私はアイデアの切れ端を持ってお休みを過ごしている感覚がどこかにあるので、仕事ではそのアイデアを結ぶ・ほどくの作業をしている気がしています。
yukipro-min
渡辺さん:仕事ではひとつのサービスにずっと携わっているため、どうしてもデザインが偏りがちです。デザインの幅を広げるチャンスとして、休日の過ごし方は重要だと感じています。
だからと言って、「デザイン研究をしよう!」みたいに最初から意気込むと、逆に視野が狭まる恐れもありますよね。なので私は、休日はあくまで自然体でデザインに触れるようにしています。
仕事とは違った姿勢でデザインを楽しむのですね!
具体的な方法として、おすすめなことはありますか?
yukipro-min
渡辺さん:はい。ずばり、休日を誰かと一緒に過ごすときに、自分が率先して計画を立てることです!
計画をたてる際のポイントは、キュレーションサイトやイベント情報アプリをたくさん見て比較することです。
これには、
– ユーザー目線でたくさんのサービスに触れられる。
– 情報の見せ方の良し悪しが実感ベースで判断できるようになる。
– 話題の最新スポットをおさえることで、世の中の動向(興味や需要)が見えてくる。
といったメリットがあるので、休日を楽しもうとすることが結果的にデザインの幅を広げることに繋がるんです。
友人と遊ぶときも、少し意識を変えるだけでデザインにつながるのですね!これは、学生時代から意識して行動できそうです。

充実した休日を過ごすと、自然と仕事に良い影響があるようですね。「休日も学ばなきゃ……」と意識しすぎるのではなく、自分の好きなことをめいっぱい楽しむと、自然と仕事に繋がるようです!これからも、休日は大切に過ごしていきたいですね。

みなさん、お話ありがとうございました!

 
 

(2016.5.17)
Yoshiko Inoue

著者紹介

井上佳子Yoshiko Inoue

女子美術大学卒業。 ビビビット社で、全国のデザイン・美術の学校へ行く仕事をしています。青い迷彩柄のPCケースが目印なので、見かけたらお声がけください! 昔の少女漫画とハロプロが好きです。
記事一覧へ