写真で振り返る!冬のビビビット展【京都編】


デザイナー志望の学生が、企業と直接コミュニケーションを取れるイベント「ビビビット展」。2019年度の春開催は、2020年2月に京都・東京で行いました。本記事では、京都会場の様子をたっぷりの写真でお届けします!名古屋、九州からもご出展いただいた関西会場。記事の後半では2021年冬開催のお知らせも!

編集・執筆 / YOSHIKO INOUE

「ビビビット展」開催概要

【日程】2020年2月14〜15日
【会場】ギャラリーマロニエ4,5階
【特設サイト】https://www.vivivit.com/events/vivivit-ten
【展示部門】グラフィックデザイン・体験デザイン・3DCG
※新型コロナウイルスの感染防止策として、会場入り口にアルコールの設置を行いました。

▼クリックで各部門にジャンプできます。

●グラフィック部門

会場の4階は、グラフィック部門のみの展示エリア。壁面をいかして縦長のポスターを吊るす方や、ブース全体をモノクロ調に統一する方など、眺めているだけで展示方法のインプットになりました。昨今の採用では、WEBやゲームなどのUIデザイナー職でもグラフィックデザインスキルを高く評価する会社があります。広告やエディトリアル以外の企業の方ともさまざまなお話をされていました。

【出展者の内定先】制作会社・デザイン事務所・WEB広告会社など

●体験デザイン部門

体験デザイン部門の出展者は、ビビビット社デザイナーから講座を受け、展示用にオリジナルサービスデザインを制作していきます。授業で一度しか制作したことがなかった人も、フィードバックを受けながらどんどんレベルアップしていきました。中には、その過程を冊子にまとめて展示していた人も!企画〜完成までのフィードバックやそのときの気づきがまとまっており、企業の人へのプレゼンがしやすそうでした。

【出展者の内定先】IT事業会社・制作会社など

●3DCG部門

3DCG部門は九州・名古屋・関西から出展者が集まりました。希望の業界やお話してみたい会社が明確な人もいれば、行きたい会社は決まってないけどいろんな企業に意見をもらいたいなど、参加の目的はさまざまでした。ただ、共通してスキルアップへの意欲が貪欲な人が多く、出展者どうしも活発にお話していました。

【出展者の内定先】コンシューマゲーム会社・モバイルゲーム会社・映像制作会社など

●振り返り

京都会場では、過去出展者が後輩の作品を見に来る一幕もあり、企業と学生はもちろん、学生同士のコミュニケーションも活発に行われていました。ビビビット展で企業の方から意見をもらったり選考に案内され、その後の就職活動がスムーズに進んだ方もいたようです。
作品はあるけど就活はこれから……という人にとって、自身のブースに企業が来て軽い面談のようなかたちで関われることは自信にもつながるようでした。
ビビビット展は、厳正な審査によって選抜された出展者が展示できるイベントです。来場者はクリエイターを採用する企業。当日お話した企業と面接することになったり、最終就職先になった人もいらっしゃいます。
1ヶ月後の新学期は、新型コロナウイルス感染拡大により例年と全く違うものになってしまいました。そんな中で、進路決定への一助になっていたら嬉しく思います。
出展者の皆さん、来場者の皆さんありがとうございました!

出展者の感想をピックアップ!

初めての展示会、非常にいい経験になりました。同期の学生、企業の方とも繋がることができてとても満足です。(所属・名古屋大学)

今まで就職活動らしいことはしていなくて、企業の方と直接お話する初めての経験でした。最初はとても緊張しましたが、自分自身や自分の作品について、説明する練習になりましたし、クリエイティブ系の業界についても勉強になりました。
また来場者の方との会話を通して、自分は何に興味があるのか、自分の強みは何なのか、客観的に知ることができたと思います。同年代の学生とも繋がることができてお互いの作品を見て、もっと意欲的に制作しようとモチベーションが上がりました。(所属・大阪成蹊大学)

他の3DCG作品を見て刺激を受けたし、実際にどんなツールを使って、どんな過程があって作られたのかをクリエイターさんに直接聞くことが出来たのがすごくよかったです。頑張ろう!という気持ちになりました。3DCGだけでなく、UIデザインやグラフィックの方々の作品を見たりお話していって、視野が広がりました。(所属・神戸電子専門学校)

就職活動の一環としてだけでなく、とても今後のためになる経験をさせて頂きました。個人的に出展者の方とも来場者の方ともとても楽しく交流させて頂いていたので、良い機会を頂けて本当にありがたく思います。(所属・学校名無記入)

●ビビビット展は、2021年冬も開催いたします!

2019年度冬開催の後、2020年夏は「うちでビビビット展」と銘打ちオンラインで開催いたしました。自宅からご参加いただくという初の試み(当日の様子はこちら)でしたが、2021年冬開催も「オンライン開催」が決定いたしました!
サービスデザイン・グラフィックデザイン・ゲームデザイン・3DCGデザインの4部門で作品を募集します。奮ってご応募ください!

【うちでビビビット展】
日程:2021年2月15〜17日(17日は予備日)
場所:自宅のPCから
対象:2022年卒の方
出展:作品審査あり

特設サイトはこちら!

▼オンライン開催の様子はこちら

距離を超え、作品でつながろう。ビビビット展オンラインで開催

 
 

(2020.12.2)
Yoshiko Inoue

著者紹介

井上佳子Yoshiko Inoue

はたらくビビビット編集長。 株式会社ビビビットの社員です。メディアを通し、制作活動やデザイナーの就活に役立つ情報を発信していきたいです! Twitter
記事一覧へ