「就活が面倒な人ほど使ってほしい!」2017年卒内定者が語る。ViViViTユーザー座談会

hataraku_zadankai-min

美術・デザイン系の学生にとって、就活とはどのようなものでしょうか。自分のスキルに自信が持てなかったり、どんな会社があるのかいまいちわからなかったり……。ポートフォリオづくりもあり、大変そうなイメージを持っている方が多いかもしれません。
今回は、ViViViTを活用して就職活動を行った、2017年卒のデザイナー職内定者四名にお話を聞きました。これから就職活動を始める方、必見です!
編集・執筆 /YOSHIKO INOUE, AYUPY GOTO

● いまどきの就活とは?クリエイティブ就活の今・昔

従来のクリエイターの就活では、ポートフォリオと呼ばれる冊子に自分の作品をファイリングし、希望する企業に提出するのが一般的でした。しかし、インターネットが普及した現在では、従来の方法に加えてWeb上に作品をアップロードして企業と出会う方法もあります。
ViViViT(ビビビット)はまさにWeb上で作品をまとめ、企業との出会いを図るサービスです。
ViViViTとは

● 直撃!2017年卒ViViViTユーザー座談会

◎座談会に参加してくださった皆さん

ebi

海老沼さん

東洋美術学校在学。ViViViTは入学当時から活用。1年生の3月頃からインターンとして働き始めた会社へWebデザイナーとして内定中。ハリネズミが大好き!座談会参加者の中で最年少ながら、みんなが認めるしっかり者。

ohara

大原さん

HAL東京在学。Web業界デザイナー職に内定中。人と話すことが大好きで、学生時代はいろんな学校のバスケの試合に助っ人参加していた。起業しており、株式会社ふらりーとのCTOでもある。https://furari.co/

kato

加藤さん

多摩美術大学情報デザイン学科在学。ViViViTで「話したい」を押された企業にデザイナーとして内定中。自身の卒業制作に奮闘しながら、学科卒制展の委員長も務める。

maruyama

丸山さん

武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科在学。キャラクター業界デザイナーに内定中。学生時代はワークショップなど「コト」のデザインに注目し、実践していた。就活と教育実習が重なっていたが、作品選考の課題を制作することで息抜きになっていたそう。

◎ViViViTを使い始めたきっかけ

みなさん、今日はよろしくお願いします!
始めに、みなさんがViViViTを使い始めたきっかけを教えてください。
kato
加藤さん:大学二年の時にFacebookの広告で知り、クリエイター特化だったので気軽に登録しました。その後、本格的に使い始めたのは就活が始まる時です。「ポートフォリオサイトが欲しいな」と思っていて、ポートフォリオサイト兼企業探しもできるならと、ViViViTに作品を投稿し始めました。
maruyama
丸山さん:私は「はたらくビビビット」は知っていたんですが、ViViViT本体は友達からの口コミで知りました。サイトを見てみたら受けたい企業がけっこうあったのと、その時受けていた企業に「ポートフォリオサイトがあれば送ってください」と言われていたこともあり、ちょうど良いのがあるぞと思って登録したんです。
ohara
大原さん:僕は、学校で先生に勧められました。三年生になった頃、自分のデザインってどんな価値になるんだろうと感じるようになり、フリーで仕事をしていたんです。そしたら、ある時先生が「これに作品載せるといろんな会社の人と話せるよ」とViViViTを教えてくれました。僕は「いろんな人と話したい!」という気持ちが強かったので、チャットで直接企業の人とやりとりできるという特徴に惹かれたんですよね。

_32a5292-1-min

ebi
海老沼さん:私も学校で知りました。二年制という焦りもあり、入学当初に「就職活動に向けてとにかく何か動かなきゃ」と思っていて。ViViViTに登録したものの始めは載せる作品がなかったんですが、授業で制作したものをどんどん投稿していました。使っていたら「話したい」が押されるので、まずは一年生の夏のインターン探しで使いました。

◎会社の探し方

海老沼さんは入学当初から活用していたのですね。会社探しはどのように行っていたのですか?
ebi
海老沼さん:始めは業界問わず積極的に「話したい」を押し、マッチ後にチャットで「未熟ですが社会勉強のために、インターンできる会社を探しています!」と伝えてました。入学して間もなく作品数も少なかったのですが、チャットで個人的な思いを伝えられるのが良かったです。無事、1年生の夏のインターンも見つけられました。
ohara
大原さん:僕は「話したい」を押された企業はすべて承認していました。自分からはあまり企業を探してなかったんですが、作品を載せるとけっこう「話したい」を押してもらえるんですよね。そもそも僕は「会社の人と話をしたい!」という目的で使い始めたので、マッチした後個人面談だったらすぐに企業へ行ってました。
ポートフォリオページの作品を見て、三次選考の面接から呼んでもらえることもありました。

_32a5411-1-min

普通の就活だと、個人面談は三次選考くらいまで進まないとできないですよね。「直接話す」を目的に企業を絞り込んでいくのも、すごく良い使い方ですね!
丸山さんはいかがでしたか?
maruyama
丸山さん:私も押された「話したい」を承認していました。ViViViTでは企業のポートフォリオページが見られるので、それまで知らなかった企業でもページを見に行けば大体のことがわかりました。一目で「ビジュアルがかっこいいな」と思ったり、働いている人の様子がわかったり、ネットサーフィン気分でいろんな企業ページを見られて面白かったです!「話したい」を押すとその企業のポートフォリオページの更新通知が届くようになるので、作品見たさに「話したい」を押したりもしてました。お気に入りの会社をリストアップする感覚でしたね。
マッチ後メッセージのやりとりをすると一社一社対応の仕方が違って、社会勉強になりました。
kato
加藤さん:メッセージのやりとりでは、作品のコメントが一言入ってたりすると、すごく嬉しいですよね。「作品をちゃんと見てくれたんだな」というのがわかると、「良い会社なのかも!」と思って知りたくなりました。「企業と自分」というより「相手と自分」として自然と関われるのが良かったです。
説明会に参加してみたら「次回はポートフォリオを持ってきてください」と言われて、次回のために作って……を続けてたら、自然と「ちゃんと就活できてる人」になれてました(笑)。自分では目の前のノルマを達成していただけのつもりだったのに、道が続いて次に繋がっていったんです。

◎ページづくりの工夫

意識せずとも就活が進められるのは、気持ち的にすごく楽ですね!続いて、ViViViTのポートフォリオページをつくる際に工夫した点を教えてください。
kato
加藤さん: 私は、いかにクリックせず作品を見てもらえるかを意識しました。企業の方は、ポートフォリオの中身をひとつひとつクリックして見る時間はないんじゃないかと思ったんです。
複数の画像も一枚にして、ポートフォリオページを開いたら一目ですべて見られるようにしました。
カバー画像では、私がつくっているものの印象と、「ITや自社サービスをつくっているところを希望しています!」という雰囲気をバリバリ出しました(笑)。ViViViTでしかポートフォリオは作らないぞという意気込みだったので、カバー画像も比率とか調べて準備しました。

▼加藤さんのページ。プロフィールがカバー画像で伝わりやすい。
加藤さんpage

ebi
海老沼さん: カバー画像は第一印象になるので、私も重要だと思って工夫しました。私は好きなものと一緒に撮った写真など、自分の趣味を押してみました。
カバー画像を大好きなハリネズミの画像にしたのですが、企業の方にチャットで「ハリネズミ好きなんですか?」と聞かれることもあり、話題のきっかけになったんです。そういう感想ももらえるんだなと驚きました!それから自分の好きなものや得意なものがわかるポートフォリオページにしていこう!と思って、つくりこんでいきました。

▼好きなものを詰め込んだ海老沼さんのカバーとアイコン画像。
%e6%b5%b7%e8%80%81%e6%b2%bc%e3%81%95%e3%82%93page-min

maruyama
丸山さん:ページを開いた時のサムネイルをいかに魅力的にするか、志望する企業がどんな作品だったら”ビビビッ”とくるかを考えてました。一回投稿して終わりじゃなく、順番を入れ替えたり作品のバリエーションを増やしたり何度も更新しました。デッサンを載せるとゲーム業界から「話したい」が押してもらえるなど、ページを更新するごとに発見がありましたね。
カバー画像は見てほしい企業を意識して設定しました。紙のポートフォリオをつくる時も、ViViViTのカバーに合わせて表紙を丸抜きにしました。

▼丸山さんのページ。アルバム機能を使ってアイテム数が多いのも特徴。
%e4%b8%b8%e5%b1%b1page

紙のポートフォリオにいかされる部分もあったんですね。
maruyama
丸山さん:そうですね。私の場合ViViViTを使い始めた時はまだ紙のポートフォリオが完成してなかったんです。一応あったんですがレイアウトもコンセプトも、言いたいことがよくわからないものになっていました。
そこでViViViTにとりあえず今ある作品を投稿してみたんですが、自分の作品が一覧で並ぶことで全体を組み立てやすくなったんです。「この部分が足りない」「写真はこうやって見せよう」「デッサン作品増やそう」……と考え出すとだんだんハマってきて、3年生の3月中はずっと作品足したり調整したりしていました。そこからポートフォリオを通して伝えたいことも再確認できました!

◎ViViViTの魅力

人によってページづくりに個性が出ますね。皆さん共通して、見る人の視点を意識して、ブラッシュアップしていったようです。これは紙のポートフォリオづくりと変わらないですね。
就活の際は他のサイトとも併用したかと思いますが、ViViViTの魅力はどんな点でしょうか?
ohara
大原さん:一番は、やっぱり作品を載せられるところだと思います。デザイナーの一番の武器を最初から出せるのはやっぱり良かったです。周りの子でも、コミュニケーションが苦手で一次面接で落とされてしまう……と言ってた子がいたんですね。でも、ViViViTだと作品を見せるところから始まるので、企業の対応も違ったと話してました。作品への「ビビビッときたボタン」が押されるのも単純に嬉しくて、また頑張るぞと思えました。
ebi
海老沼さん:「ビビビッときたボタン」が押されると嬉しくなりますよね!
私は入学後すぐ使い始めたというのもあって、あまり就職サイトの使い方とかがわからなかったんです。そんな時、ViViViTだとサービスの中で質問するとチャットで返信がきて、その対応もすごく優しかったので使いやすかったです。個人サイトを一から作ろうとすると時間がかかるし、紙のポートフォリオだと作品の少なさが目立ってしまう……というところで、限られた時間で就活するにはすごく良かったです。
kato
加藤さん:ViViViTを使って、会社の規模に限らず魅力的な会社ってたくさんあるんだなと気づけました。企業ページで会社の色や社内の雰囲気が感じ取れて、企業の人と直接チャットで話せて、くわしい業界研究が勝手にできるんですね。「話したい」を押されてページを見に行くだけで知ってる会社が増えていきました。

_32a5341-1-min

◎後輩へ向けてメッセージ

ありがとうございます!最後に、今後どんなデザイナーになりたいか、そしてこれから就活を始める方へのメッセージをお願いします!
ebi
海老沼さん:「デザインってセンスかな」とずっと思ってたんですが、基礎の部分は、知識をつけて練習して……を繰り返す勉強なんだなと、今お世話になってるインターン先で教わりました。なので今後も、自分のできる勉強を地道に頑張って、自信を持って自分の作品を世に出せるデザイナーになりたいです。後輩の皆さんにも、地道な努力できっかけはつくれるので、もし今の自分に自信がなくても諦めないで欲しいと伝えたいです。
ohara
大原さん:僕は、”目的や本質に沿ったデザイン”を達成することは絶対に忘れないようにしようと思ってます。それに加えて、一緒に働く人やユーザーさんを喜ばせられるデザイナーになりたいです。
これから就活する方には、就活の機会をうまく使っていろんなことに挑戦してみてほしいです。本当にやりたいなと思ったことは案外周りがサポートしてくれたりするので、今の内にやったほうがいいよと言いたいです!
maruyama
丸山さん:私は自分の得意分野も大事にしつつ、オールラウンダーなデザイナーになりたいと思っています。デザイナーの仕事の魅力って「相手がいて、その人によって自分の立ち位置を変えられる」ことだと思うんです。なので、クライアントからどんな依頼が来ても、それを伝えたい人のために自分の作風もどんどん変えて対応できるデザイナーになりたいです。
そして大原くんと同じく、就活では自分のやりたいことにどんどん挑戦できるチャンスを存分にいかしてほしいです。私も最終的な進路決定をするまでは教育実習に行ったり公務員試験を受けたりいろいろしてみたので、焦りすぎずに、就活をしながら変化していけば良いのではと思います。

_32a5322-1-min

kato
加藤さん:私は就活中、身近な人を幸せにできる自社サービスを手がけている会社を探していました。自社サービスを作ってる会社なら、いちばん身近な一緒に働く人も、ユーザーも幸せにできるなと思ったんです。ユーザーが無意識によく使う、スムーズに操作できるようなサービスをつくれるデザイナーになりたいです。
後輩へは、とりあえずViViViTに早く登録すれば就活が勝手に進むよって言いたいです(笑)!
ohara
大原さん:確かに!僕もそれは思います。
デザイン系の学生って、作品を人に見られるのはすごく好きだと思うんです。ViViViTに登録して作品を投稿してみると企業の方からの反応がすぐに来るから、またなにか制作しようかなって思えるんですよね。
kato
加藤さん:ポートフォリオの準備ができてないから就活を始められない、なかなかやる気が出ない……と思っても、ViViViTに早めに登録すれば、就活が勝手に進むから!と伝えたいです。私も始めはつくってなくて、でもポートフォリオサイトはないと美大生っぽくないし……なんて思って使い始めたんです。そしたら、その場その場で必要に迫られポートフォリオをつくって面接に行って……と就活を進められました。なので、「就活めんどくさい」と思ってる子はとりあえず使ってみたら良いのになと思います。
ViViViTをそんな風におすすめしてもらえて嬉しいです。ご協力いただいた皆さん、ありがとうございました!

● 最後に

内定者の就活ノウハウは伝わったでしょうか?ViViViTだけが就活の手段というわけではありませんが、デザイナー特化の就職サービスとして多くの美大生・デザイン系専門学生に使っていただき、こうしてありがたいおすすめの声もいただいています。
クリエイター就活をこれから始める方は、ぜひ使ってみてください。運営チーム一同も、さらなるサービスの向上に努めてまいります!
さっそくViViViTに登録してみる!
 

(2016.11.2)
Yoshiko Inoue

著者紹介

井上佳子Yoshiko Inoue

女子美術大学卒業。 ビビビット社で、全国のデザイン・美術の学校へ行く仕事をしています。青い迷彩柄のPCケースが目印なので、見かけたらお声がけください! 昔の少女漫画とハロプロが好きです。
記事一覧へ