デザイナー志望の学生にも役立つ。ライターインターンで身につくスキル

writer

「はたらくビビビット」は、将来クリエイターとして働くことを目指す学生向けの様々なクリエイティブ情報を掲載しています。そのほとんどの記事を、ライターインターンとして働く現役美大生が書いています。インターン全員が、将来、プロのクリエイターとして働くために美大に通い、制作に励んでいますが、はたらくビビビット編集部の仕事は、デザイン制作業務がほとんどなく、テーマを探し、タイトルを決め、記事を作成するライター業務を主に行っています。
では、記事を書くことは、美大生にとって一体どのような成長に繋がるのでしょう。今回は、はたらくビビビットのライターインターンを通して、現役美大生の私(Kawanabe)が、約1年間記事を書いた結果、どのようなスキルが身についたかをご紹介したいと思います。
編集・執筆 / Haruna Kawanabe, AYUPY GOTO

目次

  • 1.はたらくビビビットとライターインターンとは
  • 2.今まで書いてきた記事
  • 3.こんな場面でライタースキルが役に立つ
  • 4.最後に

1.はたらくビビビットとライターインターンとは

「はたらくビビビット」は、クリエイターを目指す学生向けの就活準備やポートフォリオ制作、その他様々な物作りに関する記事を掲載しているキャリア教育メディアです。はたらくビビビットで記事を書く人は、デザイン分野でフリーランスとして活躍している人や、インターンとして記事を書く現役美大生です。そのため物作りに関する内容やクリエイター系の就活の現状、モチベーションに深く関わる記事など、実体験を含んだ幅広い記事が掲載されています。

ライターインターンとは

ライターインターンとしてのお仕事は、週に1回株式会社ビビビットのオフィス出勤し、はたらくビビビットに書きたい記事のアイデアをいくつか提案し、記事に掲載するイラストや文章を作成します。
もちろん記事のテーマによって情報量や手間が大きく変わるため、全てをやりきることは難しいです。しかし、繰り返し記事作成して考えていく中で、記事をより良く、早くつくる効率化を学んでいくことができます。

2.今まで書いてきた記事

kawanabe_image
ライターをしている学生はそれぞれ好みの分野や関心、特技を持っています。イラストに秀でた学生ならイラストを描くコツ、個人活動に詳しい学生ならメイキング、話題性に敏感な学生ならニュース記事、ニッチなことに詳しい学生ならあまり注目されていない分野のノウハウ記事を書くなど、人によって紹介する内容は大きく変わります。
しかし週ごとに違った内容で記事を書くとなると、自分の得意な記事だけではすぐに行き詰まります。そのため自分が得意な分野だけでなく目に付いた話や現役学生への調査などリサーチ能力を身につける必要があります。
また、毎週トップ画像のイラストを描き続けることでイラストにも大きな変化が現れます。私の場合当初はAdobe Illustratorだけでイラストを描いていましたが本来得意なイラストが描きにくかったためCLIP PAINT STUDIOを練習し始めました。今では二つのソフトを並行してトップ画像を制作しています。そのためインターン初期に描いていいたイラストからは、だいぶ雰囲気も変わりました。このようにリサーチ力や文章力以外でも成長が見込めるインターンです。
Haruna Kawanabe|執筆記事一覧

3.こんな場面でライタースキルが役に立つ

文章作りに深く関わるインターンのため、学校ではあまり味わえない経験を得られます。
一番実感しやすいスキルは文章構成能力や説明力です。相手に理解してもらえるように話を順序立てることは、プレゼンはもちろん人との連絡や報告会、読みやすいポートフォリオのページ構成へと繋がります。
htvvt

また、クリエイティブ関係の学生はイラストや図解で説明を解決してしまう場合が多いですが、メールやコミュニケーションツールを使う場合は、文章で考えや思いを伝えなくてはいけません。また、多くの人に情報を共有しなければいけない場合、画像データを見ることに制限がついてしまう場合があります。その時に文章だけでも見せやすくする感覚が養えます。インターン初期では実感が湧きませんが、長く続けることでプレゼン内容を考えるのがだんだん苦ではなくなってくるのが実感できます。

4.最後に

はたらくビビビットは、年毎にメンバーが入れ替わる長期間インターンです。今回の記事を通じて実際に記事を書いてみることに興味を抱いていただけたなら幸いです。クリエイター志望の自分に、ライティング力を身につける必要があるのか?と疑問に思う方がいると思いますが、卒業制作や就職活動をしていく上でこれだけ助けられる、必要なスキルが学べるインターンというのは珍しいと思うので、機会があればぜひ参加してみてください。
 
インターン参加希望の方は、《はたらくビビビット編集部 後藤|a_goto@vivivit.co.jp》まで、ご連絡ください!

(2017.1.2)
HarunaKawanabe

著者紹介

川鍋春菜HarunaKawanabe

多摩美術大学 美術学部 情報デザイン学科 情報デザインコースに 所属しています。UI/UXやサービスデザインについて勉強しています。 趣味はアニメ、アナログゲーム、デジタルゲームなどなど。
記事一覧へ