プロがチェック!デザイナーの「転職応募書類」添削キャンペーン

デザイナーでもその他の職業でも、「転職」について考え始めるのは、多くの場合20代のようです。良いと思って入社した会社でも別の方向に進みたくなったり、新たな経験をしてみたくなったりしますよね。転職することが一般化し、その時々の自分の希望に合わせた職場で働けるようになったのは「働き方の多様性」のひとつのように感じます。多くの若手デザイナーにも訪れるであろう、「初めての転職活動」。まずは応募書類について考えてみましょう。
編集・執筆 / ViViViT MUROUCHI, YOSHIKO INOUE

◎どうする?デザイナー職・初めての転職活動!

デザイナーの転職活動も、新卒の就職活動と同じように一歩ずつステップを踏んでいきます。書類選考(エントリー)に通過した後、2〜3度ほどの面接で採用の可否が判断されます。

デザイナーの場合、選考に必要な書類は以下3点になることが多いです。

①履歴書
②職務経歴書
③ポートフォリオ(デジタル、または印刷されたもの)

ただ日常的には使わない選考用の書類。初めての転職であれば、こういった疑問や不安が浮かぶ方も多いのではないでしょうか。

「転職用の履歴書はどう書けばいいの?」
「職務経歴書、これは書いてもいいのかな?」
「ポートフォリオを作ってみたけど不安……。」

◎応募書類、プロが添削します!

そんな貴方に朗報!
デザイナーの転職/就職サービス『ViViViT』では2月28日(木)まで「選考書類添削キャンペーン」を実施!デザイン・クリエイティブ職専門の転職アドバイザーが、あなたの選考書類を添削します!

◎デザイナーの転職活動支援!応募書類添削キャンペーン◎

【対象者】
デザイナーとしての転職を考えている方
※ 経験者、未経験者とわず

【対象書類】
①履歴書
②職務経歴書
③ポートフォリオ(PDFまたはビビビット上のポートフォリオ)
※一回の応募につき1書類とさせていただきます

【応募方法】
1)デザイナーの転職/就職支援サービス『ViViViT(ビビビット)』へ登録
2)「ビビビット 転職/就職アドバイザー」アカウントに「話したい」を押す
3)マッチしたら、メッセージ機能で書類を送る
4)2〜3日ほどで添削を返送いたします
※「話したい」が足りない方はヘルプチャットよりお問い合わせください

【注意点】
・転職を志望している方へのキャンペーンのため、学生の方のご応募はご遠慮ください
・デザイナー職志望の方以外の書類はご対応いたしかねます
・マッチ、添削にはお時間をいただく場合がございます
・平日19時以降、休日はご返信いたしかねます
・応募者が多数になった場合、予告なしにキャンペーンを終了する場合がございます

 

▼応募はこちらから!▼
リンク先のアカウントに「話したい」を押してください



◎転職について気になる方必見!過去記事まとめ

 

【履歴書の書き方について、具体的に知りたい!】

 

いざ転職!デザイナー、クリエイターの履歴書の書き方講座


 

【デザイナーの転職体験談を知りたい!】

 

「美大卒じゃないからできたことがある」 社会人3年目デザイナーが就活をもう一度考える|デジタルプロダクトデザイナー 貴島衛


 

やりたいことってなんだっけ?経験して見つけた「今の自分」にマッチした仕事|UIデザイナー スワン

◎デザイナーの転職ならビビビット

%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%83%ab
ポートフォリオで企業とつながる、クリエイターのためのお仕事マッチングサイト『ViViViT(ビビビット)は転職者向けにも展開中!

【進化した『ViViViT』のここに注目!】

□中途デザイナーを採用中のクリエイティブ系企業は450社以上
□SNSのように更新できるポートフォリオ機能
□気になる企業からの閲覧をブロックする機能
□自分のペースで就活可能! 「求職意欲」の表示は3段階
□フリーランスもOK、選べる雇用形態


今すぐ転職したい方も、今後自分のペースで仕事をしたい方も、
作品ひとつからのお仕事探しを始めてみませんか?
 

▼詳細、ご登録はロゴをクリック!▼

vivivit

 
 
 
 

(2019.2.6)
ビビビット むろうち

著者紹介

ビビビットむろうちビビビット むろうち

株式会社ビビビットにて就職+転職アドバイザー/マーケターをやっています。デザインと呼ばれるものは幅広くカバーしています!好きなものはインターネット。 Twitterの中の人→ https://twitter.com/vivivit_chuto
記事一覧へ