クリエイターにオススメ!お役立ちスマートフォンアプリ8選

AppTop3

皆さんは普段、主にどんな用途でスマートフォンを使っていますか?なんとなく普段使いのSNSを閲覧したり、投稿するだけになっていないでしょうか。実はあなたのスマートフォンも、便利なアプリケーションを利用すれば、クリエイターにとってもっと役立つツールになるかもしれません。そこで今回は、Android, iOSに共通で対応しているクリエイターの仕事に使える無料アプリをご紹介します。
編集・執筆 / ASAMI KIMURA, AYUPY GOTO

1. Instagram

スクリーンショット 2015-09-09 15.03.57
https://instagram.com/

・質の高い写真が集まる写真共有SNS
・手軽におしゃれな画像にできるフィルター加工
・他のSNSとの連携がしやすい

写真共有SNSなだけあって、写真そのものが主役です。見応えのある写真が多いことがこのアプリをクリエイターにオススメするポイントです。芸能人やモデルがよく利用しているということも特徴の一つになっていて、ファッションのトレンドのチェックにも役に立ちます。また、最近では企業アカウントも増えていて、好きなブランドやメーカーのアカウントをフォローすることで最新情報を得ることができます。

2. Pinterest

スクリーンショット 2015-09-09 15.12.04
https://jp.pinterest.com/

・Web上の画像を収集して整理ができるブックマーク的なサービス
・画像を集めた「ボード」が他のユーザーと共有できる
・出典元のURLが自動で保存される

クリエイターがものづくりの参考になる画像を集めるときに役に立つサービスです。いますぐに何かに使う目的がなくても、気に入った画像を保存しておけば将来的に何かのインスピレーションに役立つかもしれません。自分の興味関心を客観的に分析するような使い方もできると思います。クリエイティブな活動に役立つ便利なツールです。

3. Adobe Color CC

色見本・カラーパレット作成   カラーコード   Adobe Color CC
http://www.adobe.com/jp/products/color.html

・カメラで写した風景や画像から配色パターンを生成できるツール
・画像の好きな部分からピックしたカラー情報が分かる
・保存したカラーテーマをPhotoshopやIllustratorで使うことができる

言わずと知れたAdobe社のアプリケーションです。このアプリはWebサービスでも利用できる配色用のツールですが、アプリではその場でカメラに写した風景からも色を抽出できます。PhotoshopやIllustratorと連携し、その色を簡単に利用することができるのがクリエイターにはありがたいですね。

4. Adobe Shape CC

スマートフォンで写真をベクター素材に変換   Adobe Shape CC
http://www.adobe.com/jp/products/shape.html

・カメラで写した風景や画像から簡単にベクター素材に変換できるツール
・画像のコントラストを調節することでシェイプの加減が可能
・保存した素材はPhotoshopやIllustratorで使うことができる

こちらもAdobe社のアプリケーションです。アナログで描いたイラストのほか、写真で写したものの形を簡単にベクター素材として加工できるという、まさに画期的なツールです。このアプリがあれば、いままでスキャンして取り込んで…としていた面倒な作業が短縮できるだけでなく、実写から作ったベクター素材を使った表現も広がるでしょう。

5. Prott

d8880-2-896070-0
https://prottapp.com/ja/

・Webサービスやアプリのプロトタイプ制作を便利にするサービス
・紙で描いたプロトタイプを撮影し、画面遷移のシミュレーションを作れる
・共同作業者との共有が簡単にでき、それぞれのデバイスで確認ができる

UIデザインの工程のひとつ、プロトタイプ作りを支援するツールです。紙に描いたラフスケッチを読み込みリンク領域などを設定すると、実際のデバイスで画面遷移を確認できるという優れもの。特にチームでのWebサービスやアプリ制作の効率化を重視した機能を備えており、クリエイター以外の職種とのチーム作業でもデザインを伝えやすくなります。

6. ibisPaint X

スクリーンショット 2015-09-09 15.33.43
http://ibispaint.com/

・絵を描くだけでなく、その作画工程の動画を見ることのできるアプリ
・他のユーザーの作品をDLして、そのレイヤー構造を調べることができる
・豊富なブラシなど、お絵かきアプリとしてももちろん高機能

定番のお絵かきアプリでも、少し面白い機能を持つものをご紹介。このアプリは単にペイントソフトとして高機能なだけではありません。自分や他のユーザーの作画の様子を動画で見たり、実際に作品のデータを開いたりすることにより、お互いに良い刺激を与えあうことができます。アプリそのものが上達のためのコミュニティを作っているところが特徴的です。

7. マンガネーム

スクリーンショット 2015-09-09 15.35.17
http://medibangpaint.com/mangana

・漫画制作のネーム作業に特化した軽い動作のアプリ
・原稿用紙のガイドが選べたり、縦書の文字にも対応
・SNSで描いたネームをシェアできる

ありそうで無かった、機能をネーム作業向けに絞った便利アプリ。ネームならば、画面の小さいスマートフォンでも移動中などにサクサク進めることができます。「キャラスタンプ」という機能もあるため、描くという作業自体も必須ではありません。さらにクラウド保存にも対応しているため、データを失う心配もありません。

8. RATIO / 黄金比・白銀比計算機

スクリーンショット 2015-09-09 15.46.29
http://ratio.supercrowds.co/
スクリーンショット 2015-09-09 15.58.20
iTuens store
Google play ストア

・黄金比と白銀比を計算するシンプルアプリ
・(RATIO)一度に5段階分の計算ができ、視覚的に表示
・(黄金比・白銀比計算機)小数点以下の表示に対応、よりシンプル

まさにシンプル、黄金比・白銀比を計算するためだけのツールです。「RATIO」はiOSのみ対応、「黄金比・白銀比計算機」はAndroidとiOSに対応しています。両者で多少仕様が異なっており、好みの方を使うとよいでしょう。黄金比・白銀比にこだわりたいクリエイターは、インストールしておくとよいかもしれません。

– 最後に

いかがでしたか?
クリエイターに便利なスマートフォンアプリはAndroid, iOS共通でもこれだけ挙げられますが、iOSのみ対応のアプリを入れると、この他にもクリエイターに役立つツールが多く提供されています。これらをうまく制作手段に取り入れれば、スマートフォンを使いこなしたワンランク上のクリエイターになれること間違いなしです!

(2015.9.16)
Asami Kimura

著者紹介

木村麻美Asami Kimura

横浜国立大学大学院環境情報学府修了。 独学でIT企業のデザイナーへ。 ストーリー性のある音楽や、ポストロック等が好み。
記事一覧へ