最新のライブ演出から考える未来的なデザインとは?

live1

最新技術が発達した今、特殊な技術を使ったライブがとても注目されており、音楽とテクノロジーが見事に融合している成功例の一つといえます。主にライブ中の演出として取り入れられていることが多く、その技術は未来を感じさせるものばかりでデザイン性がとても高いため、今後もっと発展していくと考えられます。テクノロジーを駆使したライブ演出から、どのような効果が期待できるのか?ということに着目していきながら、未来のデザインについて考えていきたいと思います。
編集・執筆 / SHIGEMATSU, AYUPY GOTO

●最新技術を使ったライブとは?

まずはじめに、最新技術を使ったライブとはどういうものなのでしょうか。最近では技術が発達し、ライブを盛り上げるために効果的に技術演出を使うライブが主流になってきています。しかし、このような技術が使われはじめたのはつい最近のこと。日本で最新技術をライブに取り入れた先駆けは、女性3人組テクノポップユニット「Perfume」のライブだといわれています。
Perfumeのライブは演出がとても近未来的だということで有名です。その評判は日本のみならず、今までにないパフォーマンス法として海外などでも高い注目を集めています。

●最先端テクノロジーを活かした世界観作り

技術を上手く活用することで、ライブに合わせた世界観を作ることができます。特殊な世界観を作り上げることで、いつもの公演とは一味違った雰囲気を観客側の人は味わえます。特に、ライブ中に行われる演出の効果は、見る人の印象に残りやすいと考えられます。どういったタイミングでどのような曲に合わせて演出効果を取り入れるかが、お客さんの心を掴む鍵になります。
ライブで流れる映像や舞台セットは、デザイン的にも優れているものが多く、見ていてとても参考になるので、細かい部分までチェックすることをおすすめします。普段はライブのコンセプトまで考えることがないと思いますが、演出と曲がマッチしている場合もあるため、ライブのストーリーやコンセプトに少し注目してみると、新しい発見があり、さらに楽しめるかもしれません。
では、実際にどんな最新技術が使われているのか、いくつか舞台演出技術の例をご紹介したいと思います。

舞台演出技術

レーザービーム

レーザー光線を使って行う光の演出方法です。レーザーが自分にもあたり照らされるような感覚は、ライブとの一体感をさらに強めます。
見る側の人も楽しむことのできる演出をを取り入れることで、リアルな世界とのマッチング、そして技術の発達を感じることができます。

beem
http://matome.naver.jp/odai/2145641317591810901/2145641908693960503

プロジェクションマッピング

大型のスクリーンや対象となる物に特殊な映像を流すことで、実際にあるような空間を作り上げることができます。
最近では、多くの建物などでマッピングを見かける機会が増えていると思います。なので、今最も注目されている演出効果だと言えます。
projection
http://natalie.mu/music/news/152978

3Dホログラム

3Dホログラムを使って、映像を映し出す方法です。よく使われているのは、アニメやボーカロイドなどのキャラクターが登場するライブです。
この技術を利用して、そのキャラクターが実際にいるかのようなバーチャル空間を作ることができます。とても高度な技術を使っています。
live3
https://tiffoo.com/news/anime-blog/video-technology-of-hatsune-miku-live.html

●世界観を感じてみたい!注目のライブを紹介

ライブの世界観を作り上げる、ということはもちろんなのですが、演出を細かい部分まで見てみると、デザイン的にとても優れているものが多く取り入れられていることがわかります。
どういった演出を使っているのか、それがどのような効果をもたらしているのか、というところに注目しつつ最新のパフォーマンスを取り入れているライブをご紹介します。

モーションキャプチャーを使って人の動きと連動!

Perfume

モーションキャプチャーという人や物の動きを認識する機能を利用して、ダンスと映像を組み合わせたパフォーマンスが人気です。映像も幾何学的なデザインでグループの魅力を最大限に引き出しています。
perfume
http://www.beautynewstokyo.jp/perfumex最先端テクノロジー/

アーティストの世界観を重視したセットに圧巻!

SEKAI NO OWARI

何と言っても巨大なセットから伝わる世界観に引き込まれます。セットは細かい部分にもこだわりが見られ、圧倒されます。

sekainoowari
http://ticketcamp.net/live-blog/20150516-sekai-no-owari-direction/

キャンペーンでスマホと連動した未来的なライブ!

きゃりーぱみゅぱみゅ

こちらは、CMのタイアップで実際にある建物にプロジェクションマッピングを行ったライブです。会場にあるスポットに向かってスマホの専用アプリを使うと、ライブに使われている演出を体験出来るという新しい取り組みです。これからはこういうライブが増えてくるかもしれません。
kyary
http://2-5-d.jp/news/4658/

●最後に

今回は最新の技術を使ったライブのパフォーマンスとのデザインの関係性についてご紹介しました。デザイン的にも、技術的にも未来的なテクノロジーを駆使しつつ、魅了的に演出しているライブが多くあることがわかりました。これからはもっと高度な技術を使った演出効果も出てくると思うので、今後のライブパフォーマンスに期待が高まりますね。

(2016.8.15)
ShigematsuFumika

著者紹介

重松芙史香ShigematsuFumika

女子美術大学デザイン・工芸学科のヴィジュアルデザイン専攻に所属しています。かわいいものを集めるのが大好きです♡
記事一覧へ