春休みだから挑戦してみたい!これから学生が応募できるデザインコンペ

%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%98%e3%82%9a-1-4

大学生の長期休みの中で一番長いのが春休み。皆さんはどう過ごすか計画は立てましたか。「せっかくの長期休みなんだから何かにチャレンジしたい!」「課題に追われていたから、自主制作に励みたい!」と思っている人も多いのではないでしょうか。ぜひこの機会に挑戦して欲しいのが、デザインコンペです。デザインコンペには応募するメリットがたくさんあります。今回はこの春休みに応募できるデザインコンペをご紹介していきたいと思います。
編集・執筆 / ARAAKEMAYU, AYUPY GOTO

● 春休みに何か挑戦してみよう! 

大学生活の中で一番長い長期休みが春休み。この長期休みだからこそ、できることがたくさんあります。春休みを前に、何かにチャレンジしたい、自主制作を頑張りたいと思っている人もいるのではないでしょうか。そんなとき、ダラダラとすごして時間を無駄にしてしまわないように、デザインコンペに応募することをおすすめします。就職活動に動き出した3年生、時間に余裕がある2年生はぜひコンペに参加してみましょう。

 特に応募してもらいたい人

▶︎就活前の3年生
就職活動も始まって、焦りはじめているころではありませんか?就活と平行に進めているポートフォリオ制作に行き詰まっている人もいるのではないでしょうか。そんな時の気分転換に、コンペに応募してみるのもいいかもしれません。また、ポートフォリオに載せる作品数が少なくて困っている人は、コンペに参加することで作品数を増やすこともできます。また、就職活動中の面接でも、デザインコンぺへの応募経験があるかなど質問されることもあります。春休みは特に、広告系のデザインコンペが多く開催されているので、大手の広告業界を目指す方は特に応募しておくといいかもしれません。

▶︎経験してほしい1、2年生
そろそろ自分の実力も付いてきて、学内以外で積極的に活動してみるのもいいかもしれません。デザインコンペは2年間学んだことを力試しする機会にもなります。

● この機会にデザインコンペを応募するメリット 

学生がデザインコンペに応募するメリットはたくさんあります。

▶︎デザインコンペに応募するメリット
・有名なアーティストに評価・講評してもらえるチャンス。
・学外で自分の力を試すことができる。
・同じ年代のデザインを学ぶ学生たちが作る作品、考え方を知ることができる。
・就職活動に役立つ。

など、経験したからこその価値があります。たとえ賞や結果などが残せなくても、応募したことで得るものがたくさんあると思います。では何故、この機会にコンペに応募した方がいいのでしょうか。

▶︎春休みだからこそのメリット
・学校の課題などもなく、時間にゆとりを持って制作できる。
・就活生はまだポートフォリオに載せることができる。

● これから応募できるデザインコンペ 

2月後半から開催されるデザインコンペを、いくつかご紹介したいと思います。

▼ 広告・グラフィック部門

  第2回 日本学生BtoB新聞広告大賞《学生限定》

%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%98%e3%82%9a3-1-2

( http://www.bbaa.or.jp/jigyo/sogo/BtoB.htm )
 
一度は耳にしたことがある“BtoB”を取り入れた広告デザインコンペ。BtoB(Business to Business)とは、企業が企業向けに行う事業のことをいます。売り手企業が買い手企業にものを物販したり、サービスを提供する取引のことです。今回のコンペでは、「売り手(=課題提供会社)」の立場になって作品を制作します。企業広告や新聞広告に興味のある学生さんは、是非応募してもらいたいコンペです。

【応募作品締め切り】 2017年2月28日 (火) ※締め切り間近

第2回 日本学生BtoB新聞広告大賞 に応募してみる

 

  第33回 読売広告大賞「クリエイターの部」

%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%98%e3%82%9a4-1
( http://www.yomiuri.co.jp/adv/award/yaa/ )
 
このコンペの課題は協賛社企業を自分で選び、その企業がテーマとしている広告を制作するというものです。企業からのコメントも読むことができ、企業ロゴや写真などの素材も用意されています。毎年多くの学生が応募し、受賞者も出ています。WEBサイトには過去受賞した方の広告も掲載されているので、応募される方は参考にしてみてはいかがでしょうか。とても刺激される作品ばかりです。

【応募作品締め切り】 2017年3月3日(金)

第33回 読売広告大賞「クリエイターの部」 に応募してみる

 

  第65回 朝日広告賞 一般公募の部

%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%98%e3%82%9a5-1
( http://www.asahi-aaa.com/ )
 
こちらも新聞広告のデザインコンペです。プロのクリエイターや企業の方が多く応募していて、その中で自分の作品を競うことができます。WEBサイトで受賞した作品が掲載されています。

【応募作品締め切り】 2017年3月7日 (火)

第65回 朝日広告賞 一般公募の部 に応募してみる

 

  「JAGDA学生グランプリ2017」

%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%98%e3%82%9a-1
( http://www.jagda.or.jp/information/jagda/2946 )
 
グラフィックデザイナーを目指す学生なら一度は聞いたことがあるJAGDA。 JAGDAでは学生だけが応募できるポスターデザインコンペティションが開催されます。日本のグラフィックデザイナーであれば、誰もが知っている団体「JAGDA」だからこそ、応募する学生たちも多いのではないでしょうか。自分の力を試したい学生には是非応募していただきたいコンペです。また、締め切りもまだ先なので、じっくりと作品を作ることができます。

【応募作品締め切り】
配送搬入 : 2017年5月25日(木)・26日(金)
直接搬入 : 2017年5月27日(土)11:00-17:00

「JAGDA学生グランプリ2017」 に応募してみる

 

▼ 建築・空間部門 

  フェーズフリー住宅デザインコンペ2017

%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%98%e3%82%9a6-1
( http://phasefree-a.or.jp/compe2017 )
 
このコンペは災害の多い地域日本の「平常時」でも「災害時」でも安心に暮らせる住まいを提案するデザインコンペです。現役で設計・デザイン活動を行なっている人も応募されるため、学生にはとても勉強になるのではないでしょうか。建築や空間を学ぶ学生に是非応募してほしいデザインコンペです。

【応募作品締め切り】 2017年4月14日(金)※登録期間は3月11日(土)まで

フェーズフリー住宅デザインコンペ2017 に応募してみる

 

▼ 多くの部門が集まる 

  毎日・DAS学生デザイン賞

%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%98%e3%82%9a2-1
( http://das.or.jp/?p=2406 )
 

建築部門、絵本・写真・映像を含むグラフィック&パッケージ部門、プロダクト・工芸デザイン部門、漫画・キャラクター・イラスト部門、インテリアなどの空間演出部門、ファッション&テキスタイル部門の6部門の応募ができるコンペです。テーマは自由で、在学中に制作したものが応募資格になっています。学内で制作したものを、学外の人に見てもらえるチャンスにもなります。

【応募作品締め切り】 2017年3月15日 (水)


毎日・DAS学生デザイン賞 に応募してみる

 

● 最後に 

紹介した部門が広告やグラフィックに偏ってしまいましたが、それだけこの春休みに広告やグラフィックの有名なコンペが多く開催するのです。どのコンペも規模がとても大きいので、自分の力を試す機会として挑戦してみてください。広告業界を視野に入れてる学生は、特にコンペへの応募をおすすめします。面接で聞かれることもありますし、大手企業を受ける人ほどコンペでの作品を紹介しています。また、1、2年生の人たちも、まだ自信がない……と弱気にならずどんどん挑戦してみてください。もし、あなたの作品が選ばれれば、大きな自信になりますよ!

araakemayu

著者紹介

荒明真柚araakemayu

武蔵野美術大学造形学部デザイン情報学科在学。グラフィックデザイン、パンフレットや本のエディトリアルデザインを主に勉強しています。最近はラジオを聴くのにはまっています!
記事一覧へ