芸術の秋。美大生がつくる芸術祭に遊びに行こう|2016年版

芸祭

夏もだんだんと終わりに近づき、もうすぐ目の前には秋がやってきています。秋といえば芸術の秋、芸術祭の秋です!
みなさんは、各美大で秋に行われる芸術祭をご存知でしょうか?今回は学生のレベルを超えたクオリティの高い、美大生の学祭『芸術祭』の魅力を紹介していきたいと思います。
編集・執筆 / ARAAKEMAYU, AYUPY GOTO

▼ 美大生主催の学祭『 芸術祭 』とは?

美大生が作り出す「芸術祭」

秋になると多くの大学では、学祭というものが開催されます。美術、芸術分野の大学ではその学祭というものが芸術祭=芸祭(げいさい)という形で行われます。この芸祭はアートやデザインを学ぶ学生だけでつくられているため、演出やデザインのこだわりは強く、学生の枠を超えたクオリティの高さが年々話題にもなっています。

▼ 美大生がつくる『 芸祭 』の魅力

POINT1 / 美術館・展覧会では味わえない 『 芸術 』

芸術祭では学生たちの様々な企画や展示、パフォーマンス、演劇、映像、音楽を観ることができます。1日で全てを見切るのは難しいほどの展示物や出し物の多さです。一度訪れるだけで、多くのアート・デザインに触れることができるのも「芸祭」の魅力の一つです。そして、どの大学の芸祭にもテーマがあり、そのテーマや世界観が必見です。

POINT2 / 入場料は無料!それ以上の価値がある『 芸祭 』

POINT1でも記載した通り、芸祭では多くのジャンルの芸術に触れることができます。美術館では展示などを観るときお金が必要となりますが、芸祭での入場料は無料です。無料で多くの芸術に触れることができるのも魅力の一つですね。

POINT3 / 美大生のハンドメイド!フリーマーケット

芸祭の目玉の一つといってもいいのが美大生のハンドメイト商品を売るフリーマーケットです。ものづくりが大好きな美大生が作る商品のクオリティの高さには驚きです。まるでお店で売られている商品のようなものばかりです。ポストカードやアクセサリー、Tシャツ、バック、ガラスや陶器のお皿やコップと様々なものが並んでいます。ぷらぷらと見て回るのも楽しいはずです。

▼ おすすめの『 芸祭 』

では、いま話題となっているおすすめの芸祭をいくつか紹介したいと思います。

1. 東京藝術大学 ( とうきょうげいじゅつだいがく )

web_2

出典( http://geisai.geidai.ac.jp/2016/theme.html )

今回で69回目を迎えるという伝統のある「藝祭」。上野から谷根千までを盛り上げる地域祭にもなっています。漢字の表記も東京藝術大学の藝をとって『藝祭』となっているのもカッコ良いです。

「 美術学部×音楽学部のコラボレーション 」

東京芸術大学では、他の美術大学と違って美術学部と音楽学部の二つの学部がある大学です。そのため、藝祭では芸術だけでなく音楽にも触れることができるのです。

「 大迫力!神輿パレード 」

fb69c443

出典( http://blog.livedoor.jp/troubutta_travel/archives/1027200325.html )

 
藝祭といえば、大迫力の神輿で有名です。日本の最高峰の藝術大学でもあり、その神輿のクオリティの高さには驚愕です。
美術学部と音楽部が組み合わさり、披露する神輿パレードも必見です。お揃いの法被のデザインや、神輿パレードの演出一つ一つにこだわりが詰まっています。是非、足を運んで間近で観てもらいたいです。

2016年度藝祭テーマ『応答せよ 応答せよ』
日時:2016年9月2日(金)〜9月4日(日)
開催場所:東京藝術大学上野校舎
藝祭ホームページ:http://geisai.geidai.ac.jp/2016/

2. 武蔵野美術大学 ( むさしのびじゅつだいがく )

13315280_1798756953689363_9050861843352978177_n

出典( http://www.musabi.ac.jp/student_life/event/festival/ )

創立以来伝統となっている武蔵野美術大学=ムサビの「芸祭」。学内での展示は企画数500件にのぼり、展示の他にも模擬店、パレードやダンスのようなパフォーマンスなど様々なイベントが行われます。

「足を踏み入れたら、まるでテーマパーク!」

pic_000

出典( http://www.musabi.ac.jp/student_life/event/festival/ )

 
この画像は去年2015年の芸祭の様子です。ムサビの門をくぐれば作り出されたその世界観に驚きます。学校内に設置されている装飾のクオリティが高く、まるでテーマパークのようです。

「伝統的な神輿のパレード」

ムサビ芸祭で有名な彫刻学科の学生たちによる神輿のパレード。彫刻学科の男子学生と女子学生に分かれて神輿のパレードが行われます。その神輿のモチーフはSNSや記事で取り上げられるほど、話題になっています。神輿のモチーフは変わりませんが、そのクオリティは年々高くなっています。ユーモアある神輿パレードを観に足を運んでみてください。

2016年度芸祭テーマ『まうかくし』
開催日:2016年10月29日(土)〜10月31日(月)
開催時間:10:00-19:30
開催場所:武蔵野美術大学鷹の台キャンパス
住所:〒187-8505 東京都小平市小川町1-736
芸祭ホームページ:http://www.geisai.jp/

3. 多摩美術大学 ( たまびじゅつだいがく )

main

出典( http://www.tau-geisai.com/ )

展示作品やフリーマーケット、模擬店、ステージ、パフォーマンスなどが繰り広げられる多摩美術大学=タマビの芸祭。展示250団体以上、模擬店30団体以上が参加し、多くの来場者を集めている芸祭です。

「毎年恒例イベント!テキスタイルパフォーマンス」

151015toda_05

出典( http://www.haconiwa-mag.com/magazine/2015/10/geisai/ )

 
毎年恒例になり、多くの来場者を集めているテキスタイルパフォーマンス。テキスタイルパフォーマンス=テキパはテキスタイル専攻の学生たちが主体となりテキスタイルのもつ多くの可能性と魅力を伝えるためのパフォーマンスショーです。企画・演出・衣装・パフォーマンス全て学生だけで作り出していて、そのクオリティの高さ、世界観には必見です。

2016年度芸祭テーマ『めぐる、宝ノ島』
開催日時:2016年11月4日(金)〜11月6日(日)
開催時間:10:00-19:30
開催場所:多摩美術大学八王子キャンパス
住所:〒192-0394 東京都八王子市鑓水2-1723
芸祭ホームページ:http://www.tau-geisai.com/

4. 女子美術大学 ( じょしびじゅつだいがく )

2015_1023_joshibisai

*写真は2015年度メインヴィジュアル。出典( http://www.joshibi.ac.jp/event/news/2931 )

 
杉並キャンパスと相模原キャンパス同時開催されるのが特徴な女子美祭。自主展示や模擬店、フリーマーケット、各種講演会等、学生が運営する最大のイベントになっています。

「 有名なゲストが来る?講演会 」

女子美祭では毎年有名なアーティストや芸能人、アイドル、漫画家さんなどのゲストを招いた講演会が開催されています。有名なアーティストのお話を間近で聞くことができるのも、芸祭の魅力の一つです。今年2016年は、俳優 / 千葉雄大さん、俳優 / 北村諒さん、アイドル / ゆるめるモ!さん、漫画家 / 古屋兎丸さんなど多くの方の講演会が開かれます。(講演会が行われるキャンパス、日時がゲストごとに異なるので注意してください。またチケット制の講演会もあるのでの要チェックです!)

2016年度テーマ相模原キャンパス『Monster』・杉並キャンパス『SPICE』
開催日時:2016年10月28日(金)〜10月30日(日)
開催時間:10:00-18:00
開催場所:女子美術大学 杉並キャンパス・相模原キャンパス
住所:杉並キャンパス 〒166-8538東京都杉並区和田1-49-8 ・相模原キャンパス 〒252-8538神奈川県相模原市南区麻溝台1900
芸祭ホームページ:準備中です。

5. 京都造形芸術大学 ( きょうとぞうけいげいじゅつだいがく )

main

出典( http://www.kuadfes2016.com/ )

 

京都造形芸術大学では、毎年「大瓜生山祭」という学園祭が行われています。学生作品展示、ファッションショーの他に、フードコロシアム、お化け屋敷など展示以外にも見所満載の学園祭です。

「毎年恒例!巨大な京造ねぶた」

03

出典( http://www.kuadfes2016.com/nebuta.html )

 
一年生全員が参加し、学科を横断した21クラスに分けて作られたクラスごとに、巨大な京造ねぶたを作り上げます。その大きさとクオリティには圧巻です。

2016年度テーマ『Creation!!』
開催日時:2016年9月18日(日)〜9月19日(月)
開催時間:10:00-19:00
開催場所:京都造形芸術大学京都・瓜山キャンパス
住所:〒606-8271 京都市左京区北白川瓜生山2-116
芸祭ホームページ:http://www.kuadfes2016.com/

6. 東北芸術工科大学 ( とうほくげいじゅつこうかだいがく )

11

出典( http://www.tuad.ac.jp/2015/10/49843/ )

 

東北芸術工科大学では、個性豊かな展示をメインとする芸工祭が行われています。県内外からの来場者との交流で、芸術やデザインを身近に感じて頂く為の機会として開催されています。豊かな自然の中に位置する学校に訪れてみるのも楽しそうです。

「学生が作り上げた!プロジェクションマッピング」

Šw¶‚©?»ì‚µ‚½ƒt?ƒƒV?ƒFƒNƒVƒ‡ƒ“ƒ}ƒbƒq?ƒ“ƒN?B¡”Nˆê”Ô‚Ì–Ú‹Ê‚Æ‚È‚è‚Ü‚µ‚½B
出典( http://www.asahi.com/edu/center-exam/gallery/univ2016/tohoku-geikou/005.html )
 
こちらは去年2015年に行われた能舞台にプロジェクションマッピングがされた作品です。能舞台に映し出された光のアートは来場者を驚かせました。学生が作り出したとは思えない作品です。2015年芸工祭の一番の目玉にもなりました。

2016年度テーマ『渦−UZU−』
開催日時:2016年9月17日(土)〜9月18日(日)
開催時間:9:00-19:00
開催場所:東北芸術工科大学キャンパス内
住所:〒990-9530 山形県山形市上桜田3丁目4番5号
芸祭ホームページ:http://blog.tuad.ac.jp/geikousai/

 

▼ 最後に

行ってみたい芸祭はあったでしょうか?
1日では回りきることができない量の展示や企画、催し物が開催される芸祭。この秋、学生とは思えないクオリティの芸祭を皆さんも訪れてみてはいかがでしょうか。
 

(2016.9.1)
araakemayu

著者紹介

荒明真柚araakemayu

武蔵野美術大学造形学部デザイン情報学科在学。グラフィックデザイン、パンフレットや本のエディトリアルデザインを主に勉強しています。最近はラジオを聴くのにはまっています!
記事一覧へ