クリエイティブなキャリアに出会う夏。「夏のキャリア展」でインターンシップを見つけよう!

cover

美術やデザインを学んでいる方が、本格的に進路や就職活動について意識し始めるのはどんなタイミングでしょうか。そのきっかけのひとつに、「インターンシップに参加すること」があげられると思います。
今回は、7月9日(土)に開催するインターンシップイベント「夏のキャリア展」についてご紹介します。夏のインターンシップが気になっている方は、ぜひ注目してほしいイベントです!
編集・執筆 /YOSHIKO INOUE, AYUPY GOTO

● インターンシップって何?どんなことをするの?

インターンシップとは、学生が自分の将来に関する就業体験を行える制度です。
期間や内容はさまざまで、通年でアルバイトと同じように業務を行う場合もあれば、学生の長期休暇のタイミングで短期集中的にワークショップのような内容で開催される場合もあります。
短期インターンシップの場合はたいてい5日間〜2週間ですが、1DAYで終わるようなものもあります。
特に7.8月の夏季休暇中は、就活学年1年前の学生を対象に多くの企業でインターンシップが行われ、本格化する就職活動を前に意識し始める学生が多いようです。

▼インターンシップについて、さらにくわしくはこちら
インターンシップって何?|仕事百科
 

● インターンシップに参加するメリットは?

プロの現場で就業体験できる!

インターンシップに参加する大きな魅力の一つは、プロの技術を近くで学べることです。
デザイン系のインターンシップは、制作や企画の課題が出され、成果物に対し現場の方からフィードバックをもらえるという内容が多いです。
現場の方に制作プロセスも踏まえて見てもらい、アドバイスをいただく機会はなかなかありません。もらったアドバイスから、プロのクリエイターはどんな考え方でものづくりをしているのかを垣間見ることができるでしょう。課題制作や自主制作とは違うビジネスとしてのデザインやものづくりを学べる良い機会となります。

就活仲間を見つけられる!

インターンシップの参加は、他校の学生と知り合うチャンスでもあります。普段出会わないような人と同じ課題に取り組むことで良い緊張感が生まれ、刺激をもらえるでしょう。グループワークなどで話す機会も多いので、仲良くなって、その後も続くような良い関係が生まれる場合もあるようです。他校に就活仲間がいると、いろんな情報交換が出来て切磋琢磨できますよ。

選考につながる可能性がある!

インターンシップに参加したからといってその企業の内定がもらえるわけではありませんが、その企業のその後のイベントや採用情報をいち早くもらえる可能性があります。
また会社からの情報だけでなく、インターンで知り合った就活仲間と情報交換することで、新たな情報が得られる可能性も十分にあります。
現在UIデザイナーとして活躍する先輩・Aさんも、夏のインターンシップに参加し就職活動の良いスタートダッシュが切れたそうです。

▼現在UIデザイナー・Aさんのお話
私は大学院1年生の夏に、IT企業のデザイナーインターンシップに参加しました。2.3人のグループでスマホ用カジュアルゲームを企画・デザインし、発表まで行うという内容で、期間は10日間でした。インターンシップでその企業への志望度は高まり、実際に選考も受け、最終選考まで進みました。
インターンシップで出会った就活仲間から別のインターンや就活イベントに誘ってもらい、良い就活情報をたくさん教えてもらいました。そのきっかけが夏のインターンシップだったので、参加して良かったと思います。

● クリエイティブ系インターンシップを探すには?
ビビビット主催「夏のキャリア展」のご紹介

「インターンシップに参加したい!」と思ったら、ぜひ興味のある業界からインターンシップ募集企業を探しましょう。企業を探す方法として、学校の掲示板を見る、会社HP・就職サービスなどインターネットを使うなどが挙げられます。また、インターンシップを紹介しているイベントに行ってみることもおすすめです。
今回は、クリエイティブ系特化のインターンシップイベント「夏のキャリア展」についてご紹介いたします。

「夏のキャリア展」イベント概要

イベント名:夏のキャリア展
日時:7月9日(土)14:00〜17:00
場所:ベルサール新宿グランド 5F コンファレンスセンター
参加企業:
株式会社アカツキ、 株式会社アドウェイズ、グリー株式会社、株式会社 サイバーエージェント、株式会社ディー・エヌ・エー、株式会社ミクシィ、 ヤフー株式会社、レバレジーズ株式会社 …andmore!!
その他:途中入退場可能・私服参加歓迎!

広告のデザインやゲームデザインを行う企業さんがブースをもち、インターンシップやお仕事についてご説明するイベントです。参加企業はクリエイティブ系のみなので、その中から働いてみたい会社を比べて選ぶことができます。業界研究の良い機会にもなりますし、興味をもった企業のインターンシップにはその場で申し込むことも可能です。
当日はViViViTブースも設置し、就職活動やポートフォリオ、ViViViTを使い方など、就活に関する疑問をなんでも受け付けます。お一人でもお友達と一緒でも、お気軽にご参加ください。
▼冬のキャリア展の様子。今回も、ポートフォリオを持参すればアドバイスをいただけます!
IMG_5405
お申し込み・詳細はこちら

● 最後に

インターンシップで就業体験をすると、実際に働く大人と間近で接することができ、たくさんの新しい発見があります。自分がクリエイターとして働く未来についても想像しやすくなり、その後の制作やポートフォリオのブラッシュアップの良い刺激になると思います。
一歩踏み出すのには少し勇気がいるかもしれませんが、思い切って挑戦してみると、きっとその後の自信につながる経験ができるでしょう。
今回ご紹介した「夏のキャリア展」は、クリエイティブ系特化のインターンシップイベントです。参加したみなさんとクリエイティブ系企業との「ビビビッ」っと、くる出会いがあると嬉しいです。みなさまの参加お待ちしています!
夏のキャリア展
 

(2016.6.30)
Yoshiko Inoue

著者紹介

井上佳子Yoshiko Inoue

女子美術大学卒業。 ビビビット社で、全国のデザイン・美術の学校へ行く仕事をしています。青い迷彩柄のPCケースが目印なので、見かけたらお声がけください! 昔の少女漫画とハロプロが好きです。
記事一覧へ