美大生・専門学生も参加するべき!クリエイター向けの就活イベントって?

job

就職活動をしていると「就活イベント」という言葉を耳にすることはありませんか?就職活動シーズンになると、就活生向けの「就活イベント」が全国各地で開催されています。最近では、美大生やクリエイター志望の就活を応援する企業も増え、クリエイターに特化した就活イベントも開催されるようになりました。今回は、そのような美大生やクリエイターを目指す方に向けて、どのような「就活イベント」が行われているのかご紹介したいと思います。
編集・執筆 / KANAKO HONDA, AYUPY GOTO

1. 就活イベントとは?

就活イベントとは、自分の働きたい企業に就職できるように、就職活動を支援するイベントのことを指します。一般的には、多くの企業がブース出展し企業説明を行う合同説明会や、就職活動のノウハウを学ぶためのセミナーなどが行われていることが多いです。最近では、専門分野に絞った説明会やセミナーなど選考に向けた実践的なイベントや、合同面談など直接採用に繋がる採用イベントなども増えてきています。

2. 就活イベントにはどんなものがあるの?

それでは、具体的に就活イベントにはどんなものがあるのでしょうか。クリエイターに特化したイベントを例にみていきましょう。

企業を知る!合同説明会

最も一般的と言えるイベントです。合同説明会とは、多くの企業が1つの場所に集まり、各ブースごとに就活生に短時間の会社説明を行うイベントのことを指します。一度に多くの企業と出会えるため、就職活動の第一歩である「自分の働きたい場所を見つける」きっかけとなるイベントです。いろんな業界・職種が集まる大規模のイベントや、一つの業界に特化したイベントなどさまざまです。
また、「合説」と略して呼ばれたり、他にも「合同就職セミナー」や「合同面接会」、「就職フェア」などイベントによって呼び方はさまざまです。

【合同説明会に参加するメリット】

・働きたい場所や、やりたいことを見つけるきっかけになる!
クリエイター志望であっても、これは例外ではありません。働きたい業界が絞られていても、多くの企業があり、それぞれの仕事内容はさまざまです。実際に話を聞くことで、より具体的に自分の目標を見つけるきっかけになると思います。

・多くの企業の情報を効率よく知ることができる!
一度に多くの企業の説明を聞くことで、単純に情報を得るだけではなく、それぞれの企業の特徴を比べ、共通点や違いを知ることもできます。また、気軽に説明を受けられるため、あまり興味がなかった業界・職種の説明も念のため聞いてみると、新しい発見があるかもしれません。

・ネットの求人情報で知ることができない情報が得られる!
ネットの情報では、会社の様子や雰囲気は知ることができません。合同説明会に行き、採用担当の方に直接説明を聞くことで、より明確に「その場所で働く自分」をイメージすることができます。

【例】ビビビットクリエイターズデイ – 東京月見の陣 –

creatorsday-tokyo
URL:https://www.vivivit.com/creatorsday-tokyo
デザイナー・クリエイター・エンジニアのための合同説明会
将来デザイナーやクリエイターとして働きたい。けれども、どうやって動き出していいのかわからない。「ビビビットクリエイターズデイ – 東京月見の陣 -」は、そんな学生が“動き出すキッカケ”を掴むための、日本最大級のクリエイターのキャリア支援イベントです。

【開催の様子】
会場

デザイナー・クリエイター・エンジニアと、専門職に絞ったイベントのため、大きな方向性は決まっていても、まだ具体的にはどんな仕事がやりたいのか決まっていない人にとても役立つイベントです。このように大きなくくりの中で、色々なタイプの仕事を知ることが出来るイベントは、まさに動き出すきっかけになること間違いなしです。

【例】ビビビットクエスト・オブ・ゲームズ

QUEST-OF-GAMES
URL:https://www.vivivit.com/quest-games
ゲーム業界に特化した合同説明会
将来ゲームクリエイターとして働きたい。でも、どうやって動き出していいのかわからない。どこのゲーム会社がマッチするかわからない。「ビビビットクエスト・オブ・ゲームズ」とは、そんな学生が“動き出すキッカケ”を掴むための、ゲーム業界特化型就活イベントです。「ゲーム業界に求められる人材」や「ゲームクリエイターの働き方」など、ゲーム業界の就活にはかかせない情報を参加企業から聞くことができます。

ひとつの業界に絞ったイベントのため、より具体的でリアルな情報を得ることができます。既に業界を絞っている人にとっては、とても力強いイベントですね。また、こうしたイベントの特徴は採用担当の方とイベント参加者の距離が近いことで、自分の作品やポートフォリオを見てもらうチャンスになることもあります。

【例】ビビビットのインターンフェア

intern
URL:https://www.vivivit.com/intern17-tokyo
インターンシップのための合同説明会
将来デザイナーやクリエイターとして働きたい。けれども、どうやって動き出していいのかわからない。「ビビビットのインターンフェア」とは、そんな学生が“動き出すキッカケ”を掴むための、日本最大級クリエイターインターンイベントです。

【イベント内容】
1. 企業ブースを回ろう
興味のある企業のブースに行き、普段なら話せない先輩社員・採用担当のプレゼンを聞きましょう。インターンとは何をするのか、どんなことが学べるのかを詳しく知るチャンスです。
2. フリートークタイム
ブースを回っていて、感じた疑問点などはフリートークタイムで質問してみましょう。また、ポートフォリオや作品を持ってきていれば、プロの添削を受けられるかも!?
3. 交流会
社員や同世代の学生と親睦を深めましょう。フランクに話せる場を用意されています。

インターンシップを考えている人のための合同説明会なので、これから就活を始める1〜3年生も参加することができます。インターンシップで経験を積みたいけれど、どんなものがあるのかわからないから情報が欲しいという人には、このようなイベントに参加してみることをおすすめします。

 

就活に役立つ!セミナー型イベント

就活セミナーとは、企業から内定をもらうための役立つ情報を教えてくれる講習会です。選考内容や選考を突破するためのコツを、採用担当経験のある方々から情報を得ることのできるイベントです。
エントリーシートの書き方や志望動機の書き方、面接のやり方などを中心としたものが一般的ですが、ポートフォリオ関連のものなどクリエイターに特化したイベントもあります。

【就活セミナーに参加するメリット】

・具体的にどんなことをすれば良いかを知ることができる!
面接など作品以外の選考対策はしなくても良いと思っている美大生は少なくないと思います。しかし、何も知らないで選考にのぞむよりも、情報を得てからのぞむ方が落ち着いて対処できます。
また、セミナーをうけることで他の人の文章の書き方、作品やポートフォリオのつくり方を参考にすることもできます。

・採用担当の方の目線で自分を見つめなおすことができる!
特にクリエイターの方は自分の世界を持っている方が多いですよね。それはクリエイターにとって重要なことですが、他の人の目線で見ることで、いままで気づかなかった新しい発見が見つかることがあります。クリエイター向けのセミナーイベントに参加することで、みなさんの作品がより良いものになっていくかもしれません。

・モチベーションを上げられる!
なによりも、具体的にやるべきことが見えてくることで、モチベーションを上げることができます。

【例】ポートフォリオ展

スクリーンショット 2015-11-19 15.05.27
URL:https://www.vivivit.com/portfolio-exhibition
ポートフォリオ展示会
ビビビットのポートフォリオ展は、クリエイターと企業を結ぶ大・展覧会です。
住んでいる地域や今いる環境を取り払い、100企業の採用担当に手塩にかけた
ポートフォリオをアピールする祭典です。

このような、クリエイターの選考に特化したイベントでは、かなり具体的に選考のための情報を得ることができるので、とても参考になりますね。他の人のポートフォリオを見ることで、モチベーションが上がる学生もきっと多いと思います。

3. 最後に

上記でピックアップしたような、クリエイターに特化した就活イベントがどんどん増えてきています。ぜひ積極的に参加してみてはいかがですか?

これから就活イベントに参加したい方におすすめのイベントがこちら!

クリエイターのキャリア展

17年卒の美大、芸大、専門学校、四大のデザイナー・クリエイターを志望する学生に送るキャリア展です。

【イベント内容】
「聞く・見る・話す」をコンセプトとし、以下の内容でイベントを開催します。
聞く…企業ブースによる会社の説明
見る…先輩のポートフォリオ閲覧
話す…企業担当者との自分自身のポートフォリオへのアドバイスや、質疑応答

【開催日時】
1/10(日)京都ーきらっと都プラザ
ogp_kyoto
▼参加企業一覧
kyoto

【京都】参加申し込みはこちら

1/31(日)東京ー泉ガーデンギャラリー
ogp_tokyo
▼参加企業一覧
tokyo

【東京】参加申し込みはこちら
就職活動をどのように始めて良いかわからない、就職活動を何からはじめるのかわからない、と悩んでいる17年卒の方はぜひ参加してみてください!

(2015.12.6)
Kanako Honda

著者紹介

本田佳奈子Kanako Honda

東京造形大学所属。グラフィックデザインを勉強しています。ひとりで映画を観ることが好きです。さいきんは海外ドラマにもハマっています。
記事一覧へ