パッケージデザインって何?|仕事百科

パッケージデザインtop-min

デザインを学んでいる学生であれば、パッケージデザイン(packaging design)という言葉をよく聞くのではないでしょうか。パッケージデザインは、私たちが生活する中で身近な存在のデザインです。商品を買う時、誰もが目にするパッケージデザインには、その商品をより魅力的に見せるために重要な役割を果たしています。今回はそんなパッケージデザインについて詳しく紹介していきたいと思います。
編集・執筆 / ARAAKEMAYU, AYUPY GOTO

目次

  • 1.パッケージデザインとは
  • 2.パッケージデザインに必要なスキル
  • 3.素敵なパッケージデザイン
  • 4.パッケージデザインコンペティション
  • 5.最後に

1. パッケージデザインとは

パッケージデザイン(packaging design)とは一言で言うとその商品をより魅力的に見せることです。

食品・飲料・日用品を中心にその商品のコンセプト・ユーザビリティを考え、包装や容器のグラフィック・形態を検証しデザインしていきます。
ユーザビリティや内包する商品の品質を保つための構造といった実用性や、店頭の棚に陳列された商品の見え方や、ターゲットに対しての商品コンセプトの表現方法などを、グラフィックを中心にあらゆる角度から考えなければいけません。

2.パッケージデザインに必要なスキル

パッケージデザイン-min
では、パッケージデザインをするためにはどんなスキルが必要になるのでしょうか。

ヴィジュアルとしての表現「グラフィックデザイン」

商品をヴィジュアルで表現するために必要なのがグラフィックデザインです。
デザイナーは、その商品のコンセプトやターゲットを考えヴィジュアルに落とし込んでいきます。例えば食品であったら、その味や食感、しずる感などを視覚的に表現して商品の魅力を伝えていきます。

形としての表現「プロダクトデザイン」

商品を容器などの形態で表現するために必要なのがプロダクトデザインです。
その商品の使いやすさ、雰囲気に合わして容器などを考えていきます。例えばシャンプーボトルなどを見てみると、同じシャンプーでもブランドやメーカーによって全く形の異なるデザインになっています。その容器の形から、他の商品の差別化を図ったり、メーカーの雰囲気や魅力を伝えます。

このようにパッケージデザインは、平面だけの考え方でなく立体としての見え方も考えていかなければなりません。パッケージデザインと聞くと、グラフィックデザインだけのスキルが必要と思われがちですが、プロダクトデザインのスキルもあると、よりパッケージデザインの表現が広がると思います。

3. 素敵なパッケージデザイン

ここではつい手に取ってしまいそうな素敵なパッケージデザインをご紹介していきたいと思います。

ヒトツブカンロ

パッケ1
http://draft.jp/works/
カンロ飴やピュレグミでおなじみ「カンロ」のコンフィズリー(砂糖菓子)ショップ。おいしいキャンディをギフトとして大切な人へ、また自分で楽しんでいただきたいという思いを「ヒトツブのキャンディ」に込められています。

藤五郎せんべい

7
http://hozugawaarare.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=1637917&csid=0

米の風味や香りと甘味がそのままあられに生きるように昔ながらの丸つぶ蒸しにこだわったせんべい。モダンな柄のキューブのパッケージが素敵です。

のらくら農園

パッケ6
http://homesickdesign.com/archives/908

のらくら農園いちご箱パッケージ。箱に描かれたイラストといちごの色合いがとても可愛らしいです。真ん中がくり抜かれていて、いちごが見える仕組みになっています。

「東京さしすせそ」

パッケ8
http://shun-gate.com/okurimono/seasoning/okurimono_21.html

食文化を支える調味料を1箱ギフトに。その名も「東京さしすせそ」は、料理の味付けの基本となる砂糖、塩、酢、しょうゆ、みそを詰め合わせた厳選ボックスになっています。

キリンのやわらか天然水

パッケ5
http://www.g-mark.org/award/describe/39710
ペットボトルの天然水が不可欠になってきた現在。リビングに溶け込み、インテリアとしても機能するデザインをペットボトルに施されています。2013年グッドデザイン賞にも選ばれています。

4.パッケージデザインコンペティション

パッケージデザイン2-min

現在では、学生も参加できるパッケージデザインのコンペティションが開催されています。

おいしい東北パッケージデザイン展2015

このデザインコンペティションでは、東北地域における加工食品の販売促進やブランド化を支援するとともに、これまでデザイナーと接点のなかった中小企業の経営者にデザインの価値を認知いただくことを目的として行われています。課題内容は、指定された10の対象商品から自分で選び、パッケージデザインを行います。一つ一つのの商品に企業から、こんな商品にしほしいとの要望があり、そのことに配慮したデザインが求められます。
応募部門には、一般部門と学生部門があり、学生も参加することができます。同じ年代の学生やクリエイターたちが応募しているので、自分のデザインへの刺激になるかもしれません。(2014、2015年とは開催されていますが今年度についての開催発表はまだされていません。)

「JAGDA おいしい東北パッケージデザイン」http://www.jagda.or.jp/information/jagda/2571

5. 最後に

パッケージデザインにはその商品をより魅力的に見せるために、あらゆる角度から考え、デザインされています。現在では様々な企業から素敵なパッケージデザインが生み出されています。百貨店やスーパー、コンビニに行く時は、その商品だけでなくパッケージデザインにも目を向けてみると楽しいかもしれません。

(2016.7.1)
araakemayu

著者紹介

荒明真柚araakemayu

武蔵野美術大学造形学部デザイン情報学科在学。グラフィックデザイン、パンフレットや本のエディトリアルデザインを主に勉強しています。最近はラジオを聴くのにはまっています!
記事一覧へ